源氏物語  第1巻

紫式部 著 ; 玉上琢弥 訳註

[目次]

  • 目次
  • 凡例 / 3
  • 解説 / 11
  • 系図 / 23
  • 本文
  • 桐壺 / 25
  • 一 時めく更衣、ねたまれて、なやむ(いづれのおほん時にか) / 25
  • 二 更衣の家族(父の大納言はなくなりて) / 26
  • 三 皇子誕生(さきの世にも御ちぎりや深かりけむ) / 26
  • 四 若宮の袴着(この御子みつになり給ふ年) / 28
  • 五 更衣、病気で退出し、死ぬ(その年の夏、みやす所はかなき心地に) / 28
  • 六 なき更衣の葬送(かぎりあれば、れいの作法に) / 30
  • 七 帝のご弔問(はかなく日ごろすぎて) / 31
  • 八 野分の夕、靱負の命婦の弔問(野分だちて、にはかに肌寒き夕暮のほど) / 31
  • 九 命婦の復命、帝のご悲嘆(命婦は、まだ大殿籠らせ給はざりけると) / 36
  • 一〇 若宮の幼時(月日へて若宮まゐり給ひぬ) / 39
  • 一一 人相見の予言、若宮臣籍に降下(そのころ、高麗人の参れる) / 41
  • 一二 先帝女四宮入内、源氏の思慕(年月にそへて) / 42
  • 一三 源氏元服して大臣の婿となる(この君の御わらはすがた) / 44
  • 一四 大臣の家族(このおとゞの御おぼえ) / 47
  • 一五 源氏のその後(源氏の君は) / 48
  • 帚木 / 50
  • 一 源氏の中将の恋愛談序説(光る源氏、名のみこと[ゴト]しう) / 50
  • 二 雨夜の品定めの発端、頭の中将の嘆き(なが雨はれまなき頃) / 50
  • 三 左馬の頭の論、三階級の説(なりのぼれども) / 54
  • 四 左馬の頭の論、中流重視の説(もとのしな、ときよのおぼえうちあひ) / 55
  • 五 左馬の頭の論、良妻難の説(さま[ザマ]の人のうへどもを) / 56
  • 六 左馬の頭の論、婦道一般論(今はたゞ品にもよらじ) / 58
  • 七 左馬の頭の論、技芸にたとえて(よろづの事によそへておぼせ) / 61
  • 八 左馬の頭体験談、しっと深い女の話(はやう、まだいと下﨟に侍りし時) / 63
  • 九 左馬の頭体験談、浮気な女の話(さてまた同じ頃) / 67
  • 一〇 頭の中将体験談、内気な女の話(中将「なにがしは、しれものの物語をせむ」) / 70
  • 一一 式部の丞体験談、女学者の話(式部がところにぞ) / 73
  • 一二 左馬の頭の終論(すべて男も女も) / 75
  • 一三 源氏、大臣邸に行く(からうじて、今日は) / 77
  • 一四 源氏、中川に方たがえする(暗くなる程に) / 78
  • 一五 源氏、伊予の介の後妻とあう(君は、とけても寝られ給はず) / 82
  • 一六 源氏、小君によって文通する(殿に帰り給ひても) / 87
  • 一七 源氏、ふたたび中川に宿る(例の、うちに日数へ給ふころ) / 90
  • 空蟬 / 94
  • 一 源氏の失望と女の煩悶(寝られ給はぬまゝには) / 94
  • 二 源氏、三度中川にゆく(君は、「心づきなし」と、おぼしながら) / 95
  • 三 源氏、人ちがいしてまま娘とあう(わたどのの戸ぐちに) / 98
  • 四 源氏、老女に怪しまれる(小君ちかう臥したるを) / 101
  • 五 源氏、邸に帰る。両所に三人の思い(小君御車のしりにて) / 102
  • 夕顔 / 105
  • 一 源氏乳母を訪い、隣の女から歌を贈られる(六条わたりの御忍び歩きのころ) / 105
  • 二 病牀の乳母と語る、隣に返歌する(引き入れており給ふ) / 106
  • 三 乳母子の惟光、隣の女のことを報告する(惟光、日ごろありて参れり) / 110
  • 四 伊予の介上京、その妻と源氏の煩悶(さて、かの空蟬のあさましく) / 111
  • 五 源氏、六条の御方に宿る(秋にもなりぬ) / 113
  • 六 惟光ふたたび報告し、源氏を手引きする(まことや、かの惟光が預りの) / 115
  • 七 源氏と五条の女と、相互の思い(女を、さしてその人と尋ねいで給はねば) / 117
  • 八 八月十五夜の五条の家(はづき十五夜) / 120
  • 九 女を誘って、某院に宿る(そのわたり近きなにがしの院に) / 122
  • 一〇 夜、もののけの出現と、女の急死(よひすぐるほど) / 126
  • 一一 女を東山の寺に移す(からうじて惟光の朝臣まゐれり) / 131
  • 一二 二条院に帰った源氏(人々、「いづこよりおはしますにか」) / 133
  • 一三 源氏、東山の寺に行く(日暮れて惟光参れり) / 135
  • 一四 源氏の病気(まことに、臥し給ひぬるまゝに) / 139
  • 一五 五条の女の素姓を侍女右近に聞く(九月廿日の程にぞ) / 141
  • 一六 空蟬たちとの文通(かの伊予の家の小君) / 145
  • 一七 夕顔の七七日の法事(かの人の四十九日) / 147
  • 一八 夕顔方の人々の疑惑(かの夕顔の宿りには) / 148
  • 一九 伊予の介、空蟬と離京(伊予の介、神無月のついたちごろに下る) / 149
  • 二〇 結語(かやうのくだ[クダ]しき事は) / 150
  • 若紫 / 151
  • 一 北山の行者(わらはやみにわづらひ給ひて) / 151
  • 二 北山からの眺望(すこし立ち出でつゝ見わたし給へば) / 152
  • 三 供人の世間話(君はおこなひし給ひつゝ) / 153
  • 四 小柴垣のすき見(日もいと永きに) / 155
  • 五 僧都の房に宿る(げにいと心殊に由ありて) / 159
  • 六 別れのあいさつ(御迎への人々) / 166
  • 七 御所と大臣邸に行く(君は先づ内に参り給ひて) / 169
  • 八 若草へ文通(この若草の生ひ出でむ程) / 171
  • 九 藤壺の宮との密事(藤壺の宮、悩み給ふ事ありて) / 173
  • 一〇 北山の人々帰京(かの山寺の人は) / 176
  • 一一 十月に北山の尼死す(十月に、朱雀院の行幸あるべし) / 179
  • 一二 帰京した若君を訪問する(忌など過ぎて) / 180
  • 一三 父宮、若君を訪う(かしこには、今日しも) / 184
  • 一四 惟光の報告(君の御許よりは) / 186
  • 一五 若君を迎え取る(君は大殿におはしけるに) / 187
  • 一六 二条院の若君(二条院は近ければ) / 190
  • 一七 若君なき家(かのとまりにし人々) / 193
  • 一八 若君のその後(やう[ヤウ]人参り集りぬ) / 194
  • 校異 / 196
  • 補注 / 200
  • 年立 / 367
  • 京都図 / 376
  • 内裏図 / 377

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 源氏物語
著作者等 吉村 公三郎
新藤 兼人
永田 雅一
玉上 琢弥
紫式部
角川書店
谷崎 潤一郎
紫式部 平安中期
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 第1巻
出版元 角川書店
刊行年月 1964
ページ数 378p
大きさ 15cm
ISBN 4043574053
NCID BA54883850
BB22243674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想