潤一郎ラビリンス  8 (犯罪小説集)

谷崎潤一郎 著 ; 千葉俊二 編

「前科者」「柳湯の事件」「呪はれた戯曲」「途上」「私」「或る調書の一節」「或る罪の動機」の七篇を収める。人はいつ「いかなる禍の犠牲になるかも知れない」-人間の心理の複雑な内側をえぐり、犯罪の「空想と実行の間」を執拗に追及、何げない日常の中の恐しい謎を緻密な論理と推理で暴いてゆく犯罪小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 潤一郎ラビリンス
著作者等 千葉 俊二
谷崎 潤一郎
書名ヨミ ジュンイチロウ ラビリンス
書名別名 犯罪小説集
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 8 (犯罪小説集)
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.12
ページ数 291p
大きさ 16cm
ISBN 4122033160
NCID BA38968748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99061707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想