この国のかたち  5

司馬遼太郎 著

「葦原の瑞穂の国は神ながら言挙げせぬ国」(万葉集)-神ながらということばは"神の本性のままに"という意味である。言挙げとは、いうまでもなく論ずること。神々は論じない。-神道や朱子学はわが国の精神史にいかなる影響を与えたか。日本人の本質を長年にわたって考察してきた著者の深く独自な史観にもとづく歴史評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神道
  • 会津
  • 大名と土地
  • 室町の世
  • 連歌
  • 宋学
  • 看羊録
  • 藤原惺窩
  • 不定形の江戸学問
  • 人間の魅力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この国のかたち
著作者等 司馬 遼太郎
書名ヨミ コノ クニ ノ カタチ
書名別名 Kono kuni no katachi
シリーズ名 文春文庫
巻冊次 5
出版元 文藝春秋
刊行年月 1999.1
ページ数 269p
大きさ 16cm
ISBN 4167105845
NCID BN09841315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99046612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想