能 : 中世からの響き

松岡心平 著

能の世界を自由に飛翔する眼と心!能の研究家であり、かつみずからプロデュースも手掛ける著者が贈る、能の観方と楽しみ方。能に読み解く、中世からのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史-能のあゆみ
  • 第2部 作品-能のこころ(翁-翁から能へ
  • 重衡-重衡または心の修羅劇
  • 百万-奈良山と奈良坂
  • 逢坂物狂-苦労人の神はやさしかった ほか)
  • 第3部 鑑賞-能の鼓動(狂と毒と修羅の世界-重衡
  • 式子内親王の妄想-定家
  • 放射する"殺気"-明智討
  • 真夏の夜の夢の劇場-仏原・烏頭)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 能 : 中世からの響き
著作者等 松岡 心平
書名ヨミ ノウ : チュウセイ カラノ ヒビキ
書名別名 No
シリーズ名 角川叢書 2
出版元 角川書店
刊行年月 1998.12
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4047021024
NCID BA39281182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99062917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想