ひーEssay of Katsuhiko Hibino

日比野克彦 著

HIBINOが誰に出会い、何を見て、どのようなことを感じとったのか。自分を見つめ、新たな自分に会うために様々な国々へ。「会いたい」という気持ちを、作品制作の中でも絶えず持ち続けるアーティスト・日比野克彦の魅力。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「会いたい」-そして、『ひ』を読むあなたに
  • ESSAY OF KATSUHIKO HIBINO
  • 言葉を持つ以前の記憶
  • 色の光の記憶ファイル
  • 美を感ずる心
  • 今後の美術はどうなっていくのであろうか
  • 私が絵を描くわけ
  • もう一人の私
  • 自分の職業、場は、今作っている最中なんです
  • それは"こま"でいえば、軸がふらつくわずかな時間〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひーEssay of Katsuhiko Hibino
著作者等 日比野 克彦
書名ヨミ ヒ Essay of Katsuhiko Hibino
書名別名 Hi Essay of Katsuhiko Hibino
出版元 淡交社
刊行年月 1999.1
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 4473016331
NCID BA40870001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想