特許法概説

吉藤幸朔 著

本版においては、特許法の改正について解説を行うのみならず、制度の運用に関する動向や国際的動向についても可能な限り触れることとした。また、特許の重要性が増大するとともに、特許をめぐる訴訟も増加の一途を辿っているため、できる限り最新の重要な判決をフォローするよう努めた。特に、最高裁が特許権の侵害訴訟における均等論の適用を原則的に認めるという画期的な判決を出したが、この判決は今後の実務にも多大な影響を与えることが予想されるため、ページを割いて解説を行うこととした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特許法序説
  • 特許を受けることができる発明
  • 特許を受けることができない発明等
  • 特許を受けることができる者
  • 特許出願手続
  • 特許審査手続
  • 特許権
  • 実施権
  • 審判・異議申立て・再審・判定
  • 特許争訟〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特許法概説
著作者等 吉藤 幸朔
熊谷 健一
書名ヨミ トッキョホウ ガイセツ
出版元 有斐閣
刊行年月 1998.12
版表示 第13版 / : 熊谷健一 補訂.
ページ数 810p
大きさ 22cm
ISBN 4641044775
NCID BA38996084
BN00924402
BN01515147
BN06946000
BN14939408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99033538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想