医療集団の行動と性格

安食正夫, 片野卓 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 病院ストの経済--社会的背景 / p1
  • 1 病院ストの発生 / p1
  • 2 争議の発端 / p4
  • 3 看護婦のいい分 / p9
  • 4 経過と成果 / p13
  • 5 賃金およびその敷差 / p25
  • 6 複雑多岐な労働形態 / p38
  • 7 マイノリティ・グループ / p45
  • 8 医師至上主義の問題 / p50
  • 第2章 病院構造の特異性 / p58
  • 1 「妊婦割り当て」事件 / p58
  • 2 カーストとしての病院構造 / p61
  • 3 寄り合い世帯的特質 / p67
  • 4 さまざまの閥的集団 / p70
  • 5 医師と看護婦 / p75
  • 6 社会的出自の相違 / p81
  • 7 看護婦同士の反撥 / p85
  • 8 高い看護婦の転職率 / p90
  • 9 病院管理の課題 / p94
  • 第3章 医師会闘争の経過と本質 / p99
  • 1 一斉休診の断行 / p99
  • 2 闘争の限界 / p102
  • 3 支払側の態度 / p106
  • 4 闘争力の根源 / p109
  • 5 医師の社会的地位 / p115
  • 6 いろいろな矛盾点 / p124
  • 7 リーダーシップ / p130
  • 8 マニピュレーションの方法 / p134
  • 第4章 学位制度の機能と反機能 / p148
  • 1 学位審査汚職事件 / p148
  • 2 博士の員数 / p155
  • 3 〝医博〟の社会的価値 / p160
  • 4 医師の学位固執欲 / p164
  • 5 学位制度への反省 / p169
  • 第5章 医師集団および医師の性格 / p173
  • 1 機能上の弱点 / p173
  • 2 依存性と絞切り型 / p177
  • 3 医師の性格特質 / p180
  • 4 医療に対する処方箋 / p185
  • 5 貧弱な対外活動 / p196
  • 6 望まれる社会性 / p201
  • 第6章 医療体制再建の理念と方向 / p204
  • 1 世界的な方向 / p204
  • 2 医療体制以前の問題 / p208
  • 3 地域社会性の確立 / p217
  • 4 理念上の諸要点 / p222
  • 5 社会医療の第一歩 / p223
  • 6 配置のアンバランス / p225
  • 7 人間喪失の現象 / p227
  • 8 「自由」のための前進 / p229
  • 9 医療モラルの基盤 / p232
  • 10 医学教育の重大性 / p236

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 医療集団の行動と性格
著作者等 安食 正夫
片野 卓
書名ヨミ イリョウ シュウダン ノ コウドウ ト セイカク
書名別名 Iryo shudan no kodo to seikaku
出版元 誠信書房
刊行年月 1963
ページ数 240p
大きさ 19cm
NCID BN07574604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63010625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想