書物の出現  上

リュシアン・フェーヴル, アンリ・ジャン・マルタン 著 ; 関根素子 [ほか]訳

活字印刷術はどのような前提条件のもとに生まれたのか?それまでに達成されたさまざまな技術革新だけでなく、文字使用や商取引慣行の進展、紙の普及などがなければ、マインツの工房での偉業もありえなかった。しかし当時の書物には目次や出版者の名もなく頁付けもない。読者に便利な情報一覧や現在の書物のような体裁はその後の技術の改良とともに整えられて来たのである。こうした新しい産業に従事した誇りたかき印刷人や書籍商たちはどのような人びとで、どのように仕事をしたのだろうか。そして著者や読者たちとの関係は?書物をめぐって生きた人びとの姿を鮮やかに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前提条件-ヨーロッパにおける紙の出現
  • 第2章 技術的問題とその解決
  • 第3章 書物の体裁
  • 第4章 商品としての書物
  • 第5章 本造りの世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物の出現
著作者等 Febvre, Lucien
Martin, Henri-Jean
関根 素子
Martin Henri‐Jean
マルタン アンリ=ジャン
宮下 志朗
月村 辰雄
長谷川 輝夫
フェーヴル リュシアン
書名ヨミ ショモツ ノ シュツゲン
書名別名 L'apparition du livre. (2nd ed.)

Shomotsu no shutsugen
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.11
ページ数 466p
大きさ 15cm
ISBN 448008441X
NCID BA38860264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99052671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想