江戸語東京語の研究

松村明 著

『江戸語東京語の研究』初版刊行は、昭和32年であった。永らく品切れであったが、40余年を経て、今回、あらたに「『春秋雑誌会話篇』攷-サトウ『会話篇』の書誌覚書」1編を加えた増補版を刊行する。更に資料紹介のために、幕末・明治初期の江戸語・東京語資料として重要な価値をもつ、アーネスト・サトウの2種の『会話篇』第三部を、影印版で掲出した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸語・東京語序説
  • 江戸語の諸相-戯作文学にあらわれた
  • 江戸語から東京語へ
  • 明治初期の口語-現代語の源流としての
  • 東京語の成立と発展-現代の国語
  • 東京語の実態
  • 江戸語における語連接上の音韻現象-『浮世風呂』『浮世床』を資料として
  • 江戸語における連母音の音訛
  • 「水を飲みたい」という言い方について
  • 「ませんでした」考〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸語東京語の研究
著作者等 松村 明
書名ヨミ エドゴ トウキョウゴ ノ ケンキュウ
書名別名 Edogo tokyogo no kenkyu
出版元 東京堂
刊行年月 1998.9
版表示 増補.
ページ数 580p
大きさ 22cm
ISBN 4490203608
NCID BA37733534
BA45545391
BN00657485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想