巨大基数の集合論

A.カナモリ 著 ; 渕野昌 訳

数の概念の無限への拡張。定義可能な実数の集合の研究。集合論の創設者ゲオルグ・カントルのこの2つの精神は現代集合論においていかに継承・発展されてきたか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 始まり
  • 第2章 分割の性質
  • 第3章 強制法と実数の集合
  • 第4章 可測性の諸相
  • 第5章 強い仮説
  • 第6章 決定性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巨大基数の集合論
著作者等 Kanamori, Akihiro
淵野 昌
渕野 昌
Kanamori Akihiro J.
カナモリ A.J.
書名ヨミ キョダイ キスウ ノ シュウゴウロン
書名別名 The higher infinite. (改訂第1版)

Kyodai kisu no shugoron
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1998.10
ページ数 553p
大きさ 25cm
ISBN 4431707697
NCID BA38240860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99050901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想