市場駆動型の戦略 : 価値創造のプロセス

ジョージ・S.デイ ほか著 ; 徳永豊 他訳

市場がより狭い顧客セグメントに断片化し、一方、競争はグローバル化している現在、個々の事業は、その事業が対象として選んだ市場の中でどのように競争していくかを明確にした戦略を用いて、自らの対応の在り方を開発していかなければならない。このような方向づけの選択を導く、優れた対応策には3つの際立った特徴があり、それが、本書全体を一貫して流れる統合的なテーマとなっている。第1のテーマは、適応計画プロセスの必要性、第2のテーマは、持続的収益性を確保するもっとも確実な方法として存在する競争優位の新しい源泉の継続的な創造とその更新、最後のテーマは、外部志向の必要性である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 競争市場における戦略の選択
  • 2部 市場駆動型の戦略を開発するためのプロセス
  • 3部 競争地位の評価
  • 4部 競争領域と優位性の選択
  • 5部 戦略のリニューアル
  • 6部 市場駆動型戦略を実行する上での問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場駆動型の戦略 : 価値創造のプロセス
著作者等 Day, George S
井上 崇通
小林 一
徳永 豊
森 博隆
篠原 敏彦
首藤 禎史
デイ ジョージ・S.
書名ヨミ シジョウ クドウガタ ノ センリャク : カチ ソウゾウ ノ プロセス
書名別名 Market driven strategy

Shijo kudogata no senryaku
出版元 同友館
刊行年月 1998.11
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 449602764X
NCID BA38809143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99050826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想