イギリス文学論集

平井正穂 著

イギリス文学の泰斗が、長年の研鑚と思索を経て、イギリス文学の主流をなす詩と文学思想について、日本人としての考え方と読み方を語る著者久々の魂の表白ともいえる論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『失楽園』における黙示録的ヴィジョン
  • 『失楽園』における愛の問題
  • 『失楽園』における自然の問題
  • 『失楽園』における時間の問題
  • ジョージ・ハーバートの詩
  • T・S・エリオットの『リトル・ギディング』
  • イギリス詩へのアプローチ
  • テキストを読むということ
  • 夏目漱石『文学評論』
  • 『ロミオとジューリエット』-愛と死と運命と
  • 『オセロー』-愛について
  • 『イギリス名詩選』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス文学論集
著作者等 平井 正穂
書名ヨミ イギリス ブンガク ロンシュウ
出版元 研究社
刊行年月 1998.11
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 4327471909
NCID BA3926627X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99050624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想