公共経済学

麻生良文 著

財政学の基礎理論から租税の経済分析、財政政策の経済効果まで、財政・公共政策の今日的課題・トピックスを、マクロ経済学の最近の理論展開も踏まえて丁寧に解説。公共経済学・財政学の斬新なテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政府の役割
  • 価格メカニズムの役割
  • 公共財
  • 外部性
  • 自然独占
  • 租税の理論 入門
  • 個別物品税の帰着
  • 労働所得税の効果
  • 利子課税の効果
  • 課税の効果 まとめ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共経済学
著作者等 麻生 良文
書名ヨミ コウキョウ ケイザイガク
書名別名 Kokyo keizaigaku
シリーズ名 Y21
出版元 有斐閣
刊行年月 1998.11
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 4641160473
NCID BA38510364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想