欧米における日本農業の研究  第1巻

東井金平 著

[目次]

  • 欧米における日本農業の研究 第一巻 目次
  • 序文
  • はしがき
  • 序論
  • 一 日本研究の欧米文献 / p1
  • 二 徳川時代の西欧人の日本研究 / p17
  • 三 明治以後の欧米人の日本研究 / p35
  • 第一 ゴロヴニンの徳川期農業論
  • 一 ゴロヴニンの日本観 / p52
  • 二 ゴロヴニンの徳川期農業論 / p64
  • 第二 シモンズとウィグモアの徳川期土地および農村制度論
  • 一 シモンズとウィグモアの徳川期法制研究 / p76
  • 二 シモンズの徳川期土地制度論 / p84
  • 三 シモンズの徳川期農村制度論 / p91
  • 四 ウィグモアのシモンズ見解に対する批判 / p107
  • 五 二の歴史観とその時代的背景 / p115
  • 第三 モアロウの日本「価格の発見」と通商条約
  • 一 ハリス等のみた幕末農業 / p124
  • 二 モアロウの日本「価格の発見」 / p144
  • 三 貿易拡大と「価格革命」 / p153
  • 四 通商条約と「観念革命」 / p162
  • 五 西欧観念の導入と神道主義 / p174
  • 第四 フェスカとワグネルの日本農業再編論
  • 一 日本農業の転換 / p185
  • 二 フェスカの土地生産力論 / p197
  • 三 ワグネルの労働生産力論 / p212
  • 四 農業近代化と農業労働生産力の国際比較 / p234
  • 五 フェスカとワグネルの農業再編論の歴史的学説的背景 / p243
  • 第五 マイエット等の日本小作農論
  • 一 土地所有と農業生産力 / p256
  • 二 ラートゲンの日本小作農論 / p266
  • 三 地租負担軽減と経済発展 / p275
  • 四 エッゲルトの「土地改革論」 / p294
  • 五 マイエットの小作農解放策 / p307
  • 六 自作農社会の実現とその理想図式 / p326
  • 第六 ドロッパース等の家族制度および人口論
  • 一 ラートゲンの家族制度と人口論 / p342
  • 二 ボアソナードの均分相続主義と相続慣行 / p353
  • 三 ドロッパースの人口運動要因分析 / p365
  • 第七 ノックス、チェムバレン等の日本思想論
  • 一 ノックスの支那哲学受容論 / p381
  • 二 グリフィスの仏教プロテスタンツ論と人間発見 / p390
  • 三 サトウの古学派神道論の追求 / p405
  • 四 チェムバレンの『古事記訳』と日本文明批判 / p424

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欧米における日本農業の研究
著作者等 東井 金平
農林省農業総合研究所
書名ヨミ オウベイ ニ オケル ニホン ノウギョウ ノ ケンキュウ
書名別名 Obei ni okeru nihon nogyo no kenkyu
シリーズ名 日本農業の全貌叢書 ; 第1
農業総合研究所刊行物
巻冊次 第1巻
出版元 農林省農業総合研究所
刊行年月 1956
ページ数 447p 図版 地図
大きさ 22cm
NCID BN07276388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56005900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想