骨成熟段階評価マニュアル : TW2法に基づく

骨成熟研究グループ 著

TW2法は骨成熟段階を8段階から9段階に区分しているので、いわば骨成熟をデジタルに評価していることになる。実際のX線フィルムの判読では、各段階の中間的な段階があるのは当然のことである。このため、英国からDr.Preece、Dr.Coxを日本に2度ほど招き、著者との間で各骨の成熟段階の評価法について共通理解を持つことから作業が始められた。以上のような作業の成果が、「日本人標準骨成熟アトラス」である。しかし、これは基本的にアトラスであり、正確なTW2法による骨年齢評価は、Tannerらの原著に基づいて、各骨の成熟段階を正確に評価する必要がある。本書は、Tannerらの原著の説明だけではわかりにくいTW2骨成熟評価法を、具体的かつ平易に解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対象の妥当性について
  • 第2章 現在までの骨年齢の評価
  • 第3章 日本人小児の骨成熟(骨年齢)標準化の方法
  • 第4章 標準例の抽出
  • 第5章 手首を含めた手の写真の正しい撮り方
  • 第6章 骨年齢判読の実際
  • 第7章 骨成熟評価(TW2)の判定者間および判定者内の判定誤差

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 骨成熟段階評価マニュアル : TW2法に基づく
著作者等 骨成熟研究グループ
書名ヨミ コツ セイジュク ダンカイ ヒョウカ マニュアル : TW2ホウ ニ モトズク
書名別名 Kotsu seijuku dankai hyoka manyuaru
出版元 HBJ出版局
刊行年月 1997.9
ページ数 89p
大きさ 30cm
ISBN 4833710552
NCID BA33911572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99105340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想