悲鳴をあげる身体

鷲田清一 著

ピアシング、拒食・過食、あるいは性。本来なら、ひとを癒し快くする行為が、身体への攻撃として現象している今。わたしたちは、なにか身体に深く浸透しているはずの「智恵」と「想像力」を失いつつあるのではないか。医療システムを通してしか関与できない非人称の身体と、フィットネスなどによって完璧に支配されるプライヴェイトな身体。引き裂かれた身体の状況をさまざまな角度から論じながら、他者との関わりにおいてこそはじめて存在する「身体」の本質について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パニック・ボディ-身体がアブない。
  • 第2章 からだの経験-身体はいつもアブない。第3章 からだの幸福(間奏1)-身体には想像力がある。
  • 第4章 生の交換、死の交換-もはやだれのものでもない身体は、もう少しアブない。
  • 第5章 からだのコモンセンス(間奏2)-身体には智恵がある。
  • 第6章 「ゆるみ」と「すきま」-ひたすら(わたし)であろうとする身体が、いちばんアブない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悲鳴をあげる身体
著作者等 鷲田 清一
書名ヨミ ヒメイ オ アゲル シンタイ
書名別名 Himei o ageru shintai
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1998.11
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4569603092
NCID BA38812614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想