太宰治を文化人類学者が読む : アレゴリーとしての文化

春日直樹 著

含羞を失った戦後文化を痛烈に批判した太宰治。作品のいたるところに描かれる戦争、社会的不平等、国民意識、小市民の生活、滅びの美などのテーマを、ベンヤミンのアレゴリーの概念を手がかりに解読し、現代の切実な課題である「文化」の問題に新鮮な議論を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 太宰治をどう読むか
  • 第2章 アレゴリーと言葉
  • 第3章 物語作家であること
  • 第4章 「滅びの美」
  • 第5章 太宰劇場の熱狂と変容
  • 第6章 現代世界と太宰治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治を文化人類学者が読む : アレゴリーとしての文化
著作者等 春日 直樹
書名ヨミ ダザイ オサム オ ブンカ ジンルイガクシャ ガ ヨム : アレゴリー ト シテノ ブンカ
出版元 新曜社
刊行年月 1998.10
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 478850653X
NCID BA38134025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想