鬼の宇宙誌

倉本四郎 著

邪悪にして霊験あるもの、毒にして薬-。異形ゆえに怖れられると同時に、自然の秘奥に通じるものと目されてきた「鬼」。多彩な図像の読みを通して、人間の内心に棲みつく鬼の魅力の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 狼男はヨーロッパの鬼である
  • 地獄の業火は鍛冶場の火である
  • 大工道具が地獄の責め具となる理由
  • 車輪は女神の女陰である
  • 酒天童子を殺したのも鬼である
  • 鬼退治は男原理による女原理の制圧譚である
  • 鈴鹿の女鬼は錬金術師だった
  • 欠けたる者こそが打ち出の小槌を得る
  • 婆さん怖い
  • つづらは鬼の母胎である〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼の宇宙誌
著作者等 倉本 四郎
書名ヨミ オニ ノ ウチュウシ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1998.9
ページ数 406p
大きさ 16cm
ISBN 4582762603
NCID BA3771372X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99039910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想