自然史博物館 : 人と自然の共生をめざして

千地万造 著

人と自然との共生をめざす社会において、自然史博物館が果たすべき役割を平易に解説。その発祥の歴史から、日本の代表的な館を例に挙げて、それぞれの展示の構成活動内容などをくわしく紹介し、生涯学習社会への貢献を模索する新しい博物館の姿を浮彫にする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナチュラル・ヒストリーと博物館
  • 自然史博物館の成立
  • 黎明期の日本の自然史博物館とその歩み
  • 大阪における自然史系博物館の系譜
  • 大阪の自然史博物館
  • 自然史博物館の展示
  • 日本の自然史博物館の展示
  • 自然史博物館の展示のあり方を考える
  • 調査研究と資料の収集
  • 生涯学習と博物館〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然史博物館 : 人と自然の共生をめざして
著作者等 千地 万造
書名ヨミ シゼンシ ハクブツカン : ヒト ト シゼン ノ キョウセイ オ メザシテ
書名別名 Shizenshi hakubutsukan
出版元 八坂書房
刊行年月 1998.9
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 4896944194
NCID BA37778860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99032158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想