日本の現代アート : 越境する文化

岡林洋 著

世界の文化と混ざり合い、明確な「顔」を持たなくなった現代の日本文化の中で、芸術家たちは、いかにして「自分が自分であること」を確認しようとしているのか-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ポストモダンな日本-終わるものとはじまるもの(司馬江漢-和風でもなく、唐画でもなく
  • 磯崎新-空虚な記号の帝国、日本
  • 川俣正-ポスト産業化社会へ)
  • 第2部 文化論から見なおされた現代アートの日本(文化論による芸術研究、是か非か
  • 日本の伝統とアヴァンギャルド-文化をクロスオーバーする芸術家勅使河原宏
  • 現代のネイティブな日本の芸術家-ポスト・コロニアルな松沢宥
  • トランス・ジェンダー/性差を越えて-田原桂一、勅使河原宏、川俣正)
  • 第3部 W・ヴェルシュの日本文化論(特別寄稿W・ヴェルシュ「開かれたものと閉じられたもの 日本の印象」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の現代アート : 越境する文化
著作者等 Welsch, Wolfgang
岡林 洋
書名ヨミ ニホン ノ ゲンダイ アート : エッキョウスル ブンカ
書名別名 Nihon no gendai ato
シリーズ名 丸善ブックス
出版元 丸善
刊行年月 1998.8
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4621060732
NCID BA37346899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想