記紀神話のメタヒストリー

磯前順一 著

『古事記』『日本書紀』はかくも長い間、なぜ読み継がれてきたのか。支配層だけでなくそれに抗う者までがとらわれていった、記紀のもつ求心力とは一体何か。天武天皇にはじまり、本居宣長・津田左右吉・石母田正らが、自己の思想や世界観の正当性を、記紀という古代王権のテクストに求めていったその構造を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 記紀神話における理解の位相-本居宣長の創成神話論
  • 2 正典とヴァリアント-スサノヲ一書論
  • 3 変貌する伝承-古代・中世のヤマトタケル
  • 4 神話と合理主義-近世・近代の神解釈
  • 5 歴史的言説の空間-石母田英雄時代論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記紀神話のメタヒストリー
著作者等 磯前 順一
書名ヨミ キキ シンワ ノ メタヒストリー
シリーズ名 日本書紀
古事記
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.8
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN 4642077472
NCID BA36810425
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想