聖母マリア : <異端>から<女王>へ

竹下節子 著

父と子と精霊-キリスト教は父性の宗教だった。教義が排除した「女性性」を、しかし、民衆は聖母の中に見いだす。「異端」の存在は、やがて「神」の座へと昇る。キリスト教の「女神」、聖母マリア。処女にして母、婢にして女王、人類が永遠に憧憬する、「女性的なるもの」の化身。その多彩な容貌に、さまざまな角度から光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マリアの生涯
  • 第2章 マリアはどこから来たのか
  • 第3章 諸宗派とマリア
  • 第4章 民間信仰の中のマリア
  • 第5章 ドグマ狂騒曲
  • 第6章 奇跡を起こすマリア
  • 第7章 マリアの七つの顔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖母マリア : <異端>から<女王>へ
著作者等 竹下 節子
書名ヨミ セイボ マリア : イタン カラ ジョオウ エ
書名別名 Seibo maria
シリーズ名 講談社選書メチエ 137
出版元 講談社
刊行年月 1998.8
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 406258137X
NCID BA37059853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想