ブッダ : 伝統的釈迦像の虚構と真実

宮元啓一 著

世界三大宗教のひとつである仏教の開祖・ゴータマ・ブッダ。しかし、今までに描かれた人物像は、必ずしも正確ではない。「ブッダは出家するために子供を作った」「戒律はケース・バイ・ケースで定められた」など、プラグマティスト(実際主義者)としての人間・ブッダがここに!その生々しい真実の姿に迫り、元来の仏教の実像を解き明かす画期的一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ブッダ観の移り変わり(ブッダ観の移り変わり)
  • 第2部 ゴータマ・ブッダ謎事典(人間ブッダ編
  • その成道後編
  • その教え編
  • その最後編)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブッダ : 伝統的釈迦像の虚構と真実
著作者等 宮元 啓一
書名ヨミ ブッダ : デントウテキ シャカゾウ ノ キョコウ ト シンジツ
書名別名 Budda
シリーズ名 グラフィティにんげん謎事典
光文社文庫
出版元 光文社
刊行年月 1998.8
ページ数 197p
大きさ 16cm
ISBN 4334726704
NCID BA53059027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99026829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想