凌辱 : この罪を負って私は地獄へ堕ちる

加藤美希雄 著

[目次]

  • はじめに / 3
  • 秋風の東京拘置所 / 13
  • 一円の面会許可証 / 13
  • 尨大な〝懺悔録〟 / 16
  • 色白な死刑囚 / 20
  • 二回きりの縁 / 25
  • 恐るべき小学生 / 31
  • 貰えなかった五銭 / 31
  • 吹雪の飴売り / 35
  • 蛍狩りの夜の少女 / 41
  • 教わった盗みと〝女〟 / 46
  • ドブロク屋のおかみさん / 49
  • 山のおんなの肌 / 53
  • 精神薄弱と犯罪 / 58
  • 甦えった悪魔の言葉 / 65
  • 人相の悪い〝仏さま〟 / 65
  • サーカスの用心棒 / 69
  • 末亡人江美子殺し / 71
  • トンネルの中の娘 / 76
  • うけとった召集令状 / 79
  • 太平洋戦争と犯罪 / 85
  • 〝快楽殺人〟の鬼と化す / 93
  • 美唄炭坑で米泥棒 / 93
  • 〝カリカン〟の洋子殺し / 97
  • 政子と文子を連続殺人 / 101
  • 悲しい父の死 / 105
  • 犯罪不感症時代 / 109
  • 殺してゆく女たち / 115
  • 救けてやった女スリ / 115
  • ダンサー崩れの闇米屋 / 119
  • 蜜柑畑に埋めたマサ子 / 122
  • つづいて殺したハツ子 / 126
  • バケツ工場のあや子 / 129
  • 血染めの賭博場 / 133
  • 小平義雄の犯罪 / 137
  • 数をます殺人日記帖 / 145
  • 畳の上に二丁デバ / 145
  • 水商売のトシ子殺し / 149
  • 松島海岸のルミ子殺し / 154
  • 荒川生まれの酔った女 / 156
  • 天理教の女布教師殺し / 162
  • 地獄の〝おせんころがし〟 / 167
  • 〝五号金庫〟破り / 167
  • ドサ廻りの役者稼業 / 170
  • 運命の母子四人 / 173
  • 断崖に消えていく命 / 176
  • 最後の殺人事件 / 179
  • 大鰐温泉の英子殺し / 179
  • 船橋で呼びとめられた女 / 182
  • 押し入れで逮捕 / 186
  • 清算する一切の罪 / 191
  • やっていない〝殺し〟 / 191
  • 亡霊に悩まされる / 196
  • 心からの犠牲者に詑びる / 200
  • 母おもいの子供だった / 205
  • 法廷心理学の〝懺悔録〟 / 205
  • 泪で書いた母の手紙 / 210
  • 人間の皮をかぶった狼 / 213
  • さめるにおそすぎた夢 / 218

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 凌辱 : この罪を負って私は地獄へ堕ちる
著作者等 加藤 美希雄
書名ヨミ リョウジョク : コノ ツミ オ オッテ ワタクシ ワ ジゴク エ オチル
出版元 あまとりあ社
刊行年月 1963
ページ数 221p
大きさ 18cm
全国書誌番号
63004003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想