ローマ珍巡礼記 : すべての道はローマへ通ず

アダルベルト・ザイポルト 著 ; 増田和宣 訳

[目次]

  • もくじ
  • I 旅は道連れ または なぜ学事顧問官女史は非常制動機をつかんだか / 7
  • II ヴェールをつけたフィオレンツァ〔花の都〕の魅力 または なぜシスター・アンナベルタは夜中に自分の墓石を見たか / 38
  • III 最初のローマ行進 または エワ嬢に対する心配と電気カミソリとがシスターから取り去られたこと / 58
  • IV 水を噴きあげる泉 または なぜ全員がその晩クタクタになってベッドにもぐりこんだか / 72
  • V 大理石像と海岸 または なぜシスター・アンナベルタはその孤児たちを連れて来たいと思い、そしてまた連れて来たくないと思ったか / 93
  • VI トラステーヴェレ街のネコ捕獲人 または 尊敬すべきシスターが赤ン坊に出会ったこと / 122
  • VII だれも持ち合せなかった恩寵 または ビルンモーザー氏がその良き決心を忘れたこと / 151
  • VIII 愛と掟をめぐる最後の戦い または なぜかれらはみんな「われ神を讃め、主とぞたたえます!」と合唱したか / 167
  • 著者の自己紹介 / 180
  • 訳者のあとがき / 182

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ローマ珍巡礼記 : すべての道はローマへ通ず
著作者等 Seipolt, Adalbert
増田 和宣
Seipolt Adalbert.
アダルベルト・ザイポルト
書名ヨミ ローマ チン ジュンレイキ : スベテ ノ ミチ ワ ローマ エ ツウズ
書名別名 Roma chin junreiki
出版元 エンデルレ書店
刊行年月 1959
ページ数 183p
大きさ 20cm
NCID BA53902712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60001285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想