人間の生の遺産

エルヴィン・シャルガフ 著 ; 清水健次 他訳

自然とのつながりを断ち切ってしまった科学文明を糾弾する告発的省察。現代人が忘れている精神財を喚起・招来しながら、人間を含めた自然およびその人間の尊厳性を真摯に説く。黙示録的預言者の現代科学文明批判。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間の生の遺産
  • 「Laie」に対する賛辞
  • 知らない知識に関する断章
  • 予言の悲しむべき的中-アーダルベルト・シュティフターの若干の部分の文=所説について
  • 退屈の次元-パスカルの考え方に関する所見
  • 悪い性格の者の簡単な人相書-パスカルの箴言による機知=ウイット、警句、アフォリズムに関する所見
  • われに別な未来を
  • 呪いは撤回されるであろうか
  • すべきではないことをしなければならない
  • 二つの引用文-罪の概念についての考察〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の生の遺産
著作者等 Chargaff, Erwin
清水 健次
シャルガフ エルヴィン
書名ヨミ ニンゲン ノ セイ ノ イサン
書名別名 Vermächtnis
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 595
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.3
ページ数 370, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4588005952
NCID BA35178454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想