パリの憂愁

ボードレール 作 ; 福永武彦 訳

晩年のボードレールが、年老いた香具師や寡婦たち、群衆や狂人や貧乏人たちを、また永久に変わることのない「蟻のように人の群れる都会」パリの風物をうたった詩50篇。韻律も脚韻もないが充分に音楽的であるような詩、すなわち散文詩という新たなジャンルを切り拓き、マラルメ、ランボーなどのフランス散文詩の出発点となった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異邦人
  • 老婆の絶望
  • 芸術家の告白誦
  • おどけ者
  • 二重の部屋
  • 人はみな幻想を
  • 道化と美神と
  • 犬と香水壜と
  • 不都合な硝子屋
  • 午前一時に〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • アルセーヌ・ウーセイに寄す / 7
  • 一 異邦人 / 9
  • 二 老婆の絶望 / 10
  • 三 芸術家の告白誦 / 11
  • 四 おどけ者 / 13
  • 五 二重の部屋 / 14
  • 六 人はみな幻想を / 17
  • 七 道化と美神と / 19
  • 八 犬と香水壜と / 21
  • 九 不都合な硝子屋 / 22
  • 一〇 午前一時に / 26
  • 一一 野蛮な女と気取った恋人と / 28
  • 一二 群集 / 31
  • 一三 寡婦 / 33
  • 一四 年老いた香具師 / 37
  • 一五 菓子 / 40
  • 一六 時計 / 43
  • 一七 髪の中の半球 / 45
  • 一八 旅への誘い / 47
  • 一九 貧乏人の玩具 / 50
  • 二〇 妖精の贈物 / 52
  • 二一 誘惑 / 55
  • 二二 夕べの薄明 / 60
  • 二三 孤独 / 63
  • 二四 計画 / 65
  • 二五 うるわしのドロテ / 67
  • 二六 貧乏人の眼 / 70
  • 二七 晴々しい最期 / 73
  • 二八 にせ金 / 78
  • 二九 気前のいい賭博者 / 80
  • 三〇 紐 / 85
  • 三一 天職 / 90
  • 三二 バッカスの杖 / 95
  • 三三 酔え / 97
  • 三四 既に! / 98
  • 三五 窓 / 100
  • 三六 描きたい欲望 / 102
  • 三七 月の恵み / 104
  • 三八 何れが真の彼女なのか / 106
  • 三九 駿馬 / 107
  • 四〇 鏡 / 109
  • 四一 港 / 110
  • 四二 思われ人たちの肖像画 / 111
  • 四三 みやびやかな射手 / 118
  • 四四 スープと雲と / 119
  • 四五 射撃場と墓地と / 120
  • 四六 後光紛失 / 122
  • 四七 マドモアゼル外科刀 / 124
  • 四八 この世の外へなら何所へでも / 130
  • 四九 貧乏人を撲殺しよう / 132
  • 五〇 善良な犬 / 135
  • エピローグ / 140
  • 略註 / 143
  • 解説的ノート / 185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 パリの憂愁
著作者等 Baudelaire, Charles
福永 武彦
ボードレール
書名ヨミ パリ ノ ユウシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1966
版表示 改訂版
ページ数 196p 図版
大きさ 15cm
ISBN 4003253728
NCID BA85897179
BN01009265
BN02257590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66000669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想