有機反応軌道入門 : フロンティア軌道の新展開

藤本博 著

"反応性、選択性は軌道の相互作用-位相・広がり・重なりの3つ-で説明できる"フロンティア軌道理論確立の一翼を担った著者が、計算と化学の基本概念を結ぶ、実験化学者が使える新しい軌道理論を解説。多数の実例を用い、軌道の図を豊富に取り入れ、わかりやすく、読みやすく説明した軌道論の"絵本"。量子化学のエッセンスから、分子軌道法のまとめ、フロンティア軌道理論やW‐H則を含む軌道相互作用理論の基礎、軌道理論に官能基の概念を取り入れた"相互作用軌道"、エチレンもC60の反応も同様に説明できる"反応軌道"、経験則HSABの軌道論的解析など新しい軌道理論の魅力的な紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 軌道理論を使うために
  • 2 分子軌道
  • 3 軌道相互作用
  • 4 化学反応にかかわる"相互作用軌道"
  • 5 反応の局所性と"反応軌道"
  • 6 酸、塩基と電子の軌道
  • 7 電子の軌道による化学相互作用の定式化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有機反応軌道入門 : フロンティア軌道の新展開
著作者等 藤本 博
書名ヨミ ユウキ ハンノウ キドウ ニュウモン : フロンティア キドウ ノ シンテンカイ
出版元 講談社
刊行年月 1998.5
ページ数 188p
大きさ 22cm
ISBN 4061533797
NCID BA35985296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99010727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想