パリ・貧困と街路の詩学 : 1930年代外国人芸術家たち

今橋映子 著

W・ベンヤミン、H・ミラー、ブラッサイ、佐伯祐三、J・ロート…。ナチズムと大恐慌の時代、あえて政治参加を拒んだ外国人芸術家たちは、無国籍都市パリの街路に何を見たのか?文学・絵画・写真の異分野を横断。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 宴のあと-フィッツジェラルド『バビロン再訪』
  • 第1章 1930年代への光-無国籍都市パリ
  • 第2章 ナチズムの台頭-亡命地の意味
  • 第3章 危機の時代と「都市論」-亡命者ベンヤミン
  • 第4章 フォト・ジャーナリズムの光芒-アンドレ・ケルテス
  • 第5章 パリの眼-ミラー/ブラッサイ
  • 第6章 都市の痕跡と写真-ブラッサイ『落書き』
  • 第7章 壁の街・文字の音-佐伯祐三
  • 第8章 貧困という制度-オーウェル『パリ・ロンドンどん底生活』
  • 第9章 浮浪者の哲学-ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っぱらいの伝説』
  • エピローグ 物語られた「時代」-金子光晴『ねむれ巴里』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリ・貧困と街路の詩学 : 1930年代外国人芸術家たち
著作者等 今橋 映子
書名ヨミ パリ ヒンコン ト ガイロ ノ シガク : 1930ネンダイ ガイコクジン ゲイジュツカタチ
書名別名 Pari hinkon to gairo no shigaku
出版元 都市
刊行年月 1998.5
ページ数 1冊
大きさ 22cm
ISBN 4924831689
NCID BA36284967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99010702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想