ゴットフリート・ベン詩集

深田甫 訳

[目次]

  • 目次
  • ゴットフリート・ベンについて・深田甫 / 7
  • 処女詩集《屍体展視所》より / 22
  • 小さな紫苑 / 22
  • 美しい青春 / 23
  • 輪廻 / 24
  • 黒んぼ花嫁 / 25
  • 詩集《初期の抒情詩》より / 26
  • 医師 / 26
  • 1 肉体的なものが……心地よく / 26
  • 2 造物の玉座 豚である 人間 / 27
  • 3 肌の吹出ものや 蝕まれた歯と / 29
  • アラスカ / 31
  • 1 ヨーロッパ / 31
  • 2 罌粟の畑に / 31
  • 3 駈けよってきた息子らが / 32
  • 4 麦畑をまえに / 35
  • 5 墓場について / 36
  • 6 脅迫 / 37
  • 7 ぼくはペストをしょってくる / 37
  • 8 イーカロスはぼくらの / 39
  • 詩集《初期の抒情詩》より / 40
  • 花 / 40
  • 混沌 / 42
  • 夜 / 45
  • 詩集《酔い痴れの潮》より / 48
  • 酔い痴れの潮 / 48
  • カリュアティーデ / 51
  • 癌病棟をとおる男や女 / 53
  • わかきヘッベル / 55
  • 母 / 57
  • かつて / 58
  • 人間は- / 59
  • 薔薇 / 60
  • 詩集《静体詩抄》より / 61
  • ショパン / 61
  • あまたの絵 / 65
  • 夜ふけの波 / 67
  • 夏をとじる日 / 68
  • 墓はすべて / 70
  • ひとつの言葉 / 72
  • 愛しみよ / 74
  • 生-見窄らしい妄想 / 76
  • 形態 / 78
  • 詩集《詩のきれはし》より / 79
  • 見遙かすことはもう- / 79
  • 垣根にある影 / 81
  • 詩の切れ端 / 83
  • 瓦解 / 86
  • 暗黒なおとこ / 88
  • 靜寂な暮らし / 92
  • 旅 / 95
  • 詩集《居酒屋-一九五三年の詩抄》より / 97
  • 旋律 / 97
  • 破壊というものが / 99
  • あまりりすを摘みとれ / 100
  • 酒場 / 101
  • 1 疥癬にかかって 夜ごと / 101
  • 2 旋律と歌とは存在する / 103
  • 3 ぼくらはあらゆる閃きを / 103
  • 4 自分のことを言おうとは / 105
  • 現実 / 106
  • たつた二つのものだけが / 108
  • だれも泣いてはいけない / 109
  • さようなら / 111
  • 神が強いるものは / 112
  • 晩年にあたつて / 114
  • 1 広い公園のなかでは / 114
  • 2 かくして眸差しは終り / 115
  • 3 いまひとたび / 116
  • 4 感じろ-だが / 118
  • 5 おまえには見えないか / 118
  • 詩集《終曲》より / 120
  • 詩 / 120
  • ことば / 122
  • これでも人間 / 124
  • 故郷 / 127
  • ブロードウェイは歌つて踊る / 128
  • あなたがたのエテュード / 131
  • きたまえ- / 133
  • 結末 / 135
  • 終曲 / 137

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゴットフリート・ベン詩集
著作者等 Benn, Gottfried
深田 甫
書名ヨミ ゴットフリート ベン シシュウ
シリーズ名 海外の詩人双書
出版元 ユリイカ
刊行年月 1959
ページ数 138p 図版
大きさ 17cm
NCID BN0827189X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59004634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想