ドイツ文学序説 : 主としてドイツ文学を支持点とした文芸論

吹田順助 著

[目次]

  • 目次
  • 一、 外国文学研究者のために / 1
  • 二、 普遍的教養-特に文芸的教養について- / 11
  • 三、 芸術の志向(目標)-一つの覚え書- / 23
  • 四、 芸術と道徳-人生主義と芸術至上主義- / 29
  • 五、 小説とはどんなものか / 44
  • 五、 文芸学素描 / 62
  • 七、 ゲーテと世界文学 / 81
  • 八、 ゲーテとシェークスピア / 100
  • 九、 人間の師としてのゲーテ / 116
  • 一〇、 ゲーテの『ファウスト』 / 129
  • 一一、 市民社会と市民文学(特に市民悲劇) / 141
  • 一二、 ドイツ・リアリズム概説-附、ビーダーマイヤー文学- / 164
  • 一三、 ドイツ文学史上における結社の消長 / 184
  • 一四、 ニーチェ序説 / 193
  • 一五、 ドイツ文学の特質 / 211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ文学序説 : 主としてドイツ文学を支持点とした文芸論
著作者等 吹田 順助
書名ヨミ ドイツ ブンガク ジョセツ : シュトシテ ドイツ ブンガク オ シジテン ト シタ ブンゲイロン
出版元 芦書房
刊行年月 1958
ページ数 226p
大きさ 22cm
NCID BA84723037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60011406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想