動物の考古学

ジェイムズ・ラッカム 著 ; 本郷一美 訳

動物は、野生も家畜も古代人の生活に欠かせぬ存在だった。発掘された骨を通して、動物の発生から古代の風土・農耕・屠殺・宗教・交易にいたる情報を詳細に分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 骨から何がわかるか?
  • 第2章 骨と考古学者
  • 第3章 生態、気候、時間
  • 第4章 初期人類による動物の利用
  • 第5章 家畜化、家畜の飼育、食料
  • 第6章 産業、工芸、祭祀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の考古学
著作者等 Rackham, D. James
本郷 一美
Rackham James
ラッカム ジェイムズ
小山 修三
書名ヨミ ドウブツ ノ コウコガク
書名別名 Animal bones

Dobutsu no kokogaku
シリーズ名 古代を解き明かす / 小山修三 日本語版監修 2
大英博物館双書 2
出版元 学芸書林
刊行年月 1997.11
ページ数 133p
大きさ 19cm
ISBN 4875170416
NCID BA33303103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想