映画史への招待

四方田犬彦 著

映画にとって歴史とは何か。本書は名作や監督中心の歴史でも、技法や思想の変遷をたどる映画史でもない。そうした既成の枠組みをとりはらったところに浮かび上がる映画という体験の豊かさを、現在の中でくり返し発見し、重層的な視点から映画の100余年にむきあっていく。映画を愛するすべての人に必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 映画史への提言(南インドの教え
  • 映画史を教える
  • 歴史と映画 ほか)
  • 2 映画史はいかにして可能か(複数の歴史
  • サイレントの継承者
  • 夢のスクリーン ほか)
  • 3 映画はいかに語られてきたか(引用1895‐1998
  • 用語集)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画史への招待
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ エイガシ エノ ショウタイ
書名別名 Eigashi eno shotai
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.4
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4000002155
NCID BA35308618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想