生命システム

金子邦彦, 郡司ペギオー幸夫, 高木由臣 著

複雑系の生命的シナリオ。生命とは何か-この問いに対する「カオス力学」モデルのアプローチを明確に定式化するとともに、生物学の「アポトーシス(細胞死の誘導過程)」理論や、複雑系の方法論「内部観測」によって、このアプローチを「死」の問題系へと接続する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 複雑系-カオス的シナリオから生命的シナリオへ(複雑系の研究
  • 複雑系のカオス的シナリオにおける三主題
  • 生命へ
  • 生命の複雑系シナリオのための六主題 ほか)
  • 相互内部ダイナミクス系としての生命観(はじめに
  • 細胞分化モデル
  • アイソロガス多様化
  • 意義 ほか)
  • 多様性の生物学(多様性における含意
  • 基底と規範
  • 「もの」と「こと」、有限と無限 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命システム
著作者等 郡司 ペギオ幸夫
金子 邦彦
高木 由臣
郡司 ペギオ‐幸夫
書名ヨミ セイメイ システム
シリーズ名 複雑系の科学と現代思想
出版元 青土社
刊行年月 1997.11
ページ数 178, 2p
大きさ 20cm
ISBN 479179141X
NCID BA33268964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99005424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想