チューレの最後の王

ジャン・マローリー 著 ; 柾木恭介 訳

[目次]

  • 目次
  • 序章 タマンラッセ-チューレ / 15
  • 第一部 チューレの王たち / 21
  • (1) グリーンランドは《緑》の国 / 23
  • (2) 極地の人びと / 31
  • (3) シオラパルウク-越冬小屋の建設 / 38
  • (4) 狐をめぐって / 43
  • ビシグナルフィック・おとぎの宝庫
  • 社会的変化の影響
  • ラ・フォンテーヌは北極まで正確に観察していた
  • 最初の狐猟
  • (5) プウアルウナ
  • (6) 海象(セイウチ)狩り
  • 死んだ神々 / 55
  • セイウチ狩り / 61
  • あるエスキモーの夢
  • (7) 冬-極地の夜の四カ月 / 70
  • 訪問
  • 凍る海
  • 北極ヒステリー
  • 太陽は消えた
  • 雪小屋とその内部について
  • 最初の人間はどうして生れたか?
  • エスキモーはどこからきたか? 実際の資料
  • 夜の祭り
  • アルナック
  • マシヤングウアック溺死す
  • ケルカ、夜の世界
  • (8) 太陽がまた現われる / 99
  • サヴィグシヴィックへの二月の遠征
  • ウソウキタットの冒険・役立たずのチンポ
  • ウタックとの邂逅・北極におけるペアリーの仲間
  • 夜と雪嵐
  • 太陽と月の伝説
  • 黒人エスキモー
  • 第二部 イングルフィールド地方とワシントン地方への一五〇〇キロの探険 / 111
  • (1) 探険の資材と準備 / 113
  • (2) チューレ地区最北端エタに向って / 122
  • (3) 嵐 / 134
  • (4) クラドルウナリックでの孤独の体験 / 147
  • (5) 大虐殺湾に向って / 162
  • アノレトックの伝説
  • 日曜日の象徴・エスキモーはキリスト教徒か?
  • 早春の湾
  • きびしい国
  • (6) 第二回チューレ探険隊の悲劇 / 193
  • (7) 探険隊員の生活についてのノート《ヌアンニ》 / 201
  • (8) 北極点まで一〇〇〇キロ / 206
  • (9) 犬ゾリでグリーンランドからカナダヘ サビーヌ岬の飢えた人びと / 214
  • (10) 基地シオラパルウクへの帰還 / 228
  • (11) エスキモー心理学入門 / 235
  • (12) チューレへの強行軍 / 248
  • 第三部 チューレ-青椋鳥 / 251
  • (1) 一千億フランの基地 / 253
  • (2) 七月九日の上陸・イヌウクに判決くだる / 266
  • 結論 / 270
  • 付録 利用した技術と資材 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 チューレの最後の王
著作者等 Malaurie, Jean
柾木 恭介
ジャン・マローリー
書名ヨミ チューレ ノ サイゴ ノ オウ
書名別名 Chure no saigo no o
シリーズ名 世界の人間記録
出版元 大日本雄弁会講談社
刊行年月 1958
ページ数 285p 図版
大きさ 19cm
NCID BA43055380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58003215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想