白鯨  中

メルヴィル 作 ; 阿部知二 訳

"モービィ・ディック"との遭遇を前にして、エイハブ船長ひきいるピークオッド号の航海はつづく。ほかの捕鯨船との"出あい"を織りまぜながら、鯨と捕鯨に関する"百科全書的"な博識が、倦むことなく、衒学的なまでに次から次へと開陳されていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 四十二章 鯨の白きこと / 9
  • 四十三章 聴け / 22
  • 四十四章 海図 / 24
  • 四十五章 宣誓供述書 / 31
  • 四十六章 臆測 / 43
  • 四十七章 索畳造り / 48
  • 四十八章 最初の追跡 / 52
  • 四十九章 豺狼 / 66
  • 五十章 エイハブの舟とその乗組フェデラー / 70
  • 五十一章 妖しき汐煙 / 74
  • 五十二章 信天翁 / 81
  • 五十三章 往訪 / 84
  • 五十四章 タウン・ホー号の物語 / 90
  • 五十五章 怪異なる鯨の絵について / 118
  • 五十六章 より誤謬少き鯨図及び捕鯨図 / 125
  • 五十七章 油絵、鯨牙彫刻、木刻、鉄板彫り、石彫り、また山嶽や星座等の鯨について / 131
  • 五十八章 魚卵 / 135
  • 五十九章 大烏賊 / 139
  • 六十章 捕鯨索 / 143
  • 六十一章 スタッブが鯨を斃す / 148
  • 六十二章 投槍 / 155
  • 六十三章 叉柱 / 158
  • 六十四章 スタッブの晩食 / 160
  • 六十五章 美味としての鯨 / 171
  • 六十六章 鮫退治 / 175
  • 六十七章 鯨切り / 178
  • 六十八章 毛布皮 / 181
  • 六十九章 葬式 / 185
  • 七十章 スフィンクス / 187
  • 七十一章 ジェロボウム号の物語 / 191
  • 七十二章 猿綱 / 199
  • 七十三章 スタッブとフラスクとがせみ鯨を屠り、それについて談義する / 205
  • 七十四章 抹香鯨の頭-比較論 / 213
  • 七十五章 せみ鯨の頭-比較論 / 218
  • 七十六章 大槌 / 223
  • 七十七章 ハイデルベルヒの大酒樽 / 226
  • 七十八章 水貯めとバケツ / 229
  • 七十九章 大草原 / 235
  • 八十章 胡桃 / 239
  • 八十一章 ピークォド号、処女号と遭う / 242
  • 八十二章 捕鯨の名誉と光輝 / 256
  • 八十三章 ヨナについての歴史的考察 / 261
  • 八十四章 槍の長投 / 264
  • 八十五章 噴泉 / 268
  • 八十六章 尾 / 275
  • 八十七章 大連合艦隊 / 282
  • 八十八章 学校と教師たち / 301
  • 八十九章 仕止め鯨、はなれ鯨 / 306
  • 訳註 / 313

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 白鯨
著作者等 Melville, Herman
八木 敏雄
阿部 知二
Melville
メルヴィル
書名ヨミ ハクゲイ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1957
ページ数 326p
大きさ 15cm
ISBN 4003230825
NCID BA68281506
BN0093843X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57003840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想