異界を覗く

小松和彦 著

現世とあの世を移動し、人間に福と災いをもたらす異類・異形の世界。異類婚姻論、水木しげる論、宮崎駿論を加えた異界・異人・妖怪研究の最新成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 壱 異界と異人の魅力的世界(「異界論」・「異人論」は学問の交差点
  • 新たな「異人論」を目指して-「異人論」から「他者論」への模索
  • 「異人歓待」説に疑問を呈す-生かすも殺すも土地の人々次第)
  • 弐 異類婚姻と説話の宇宙(鬼と人間の間に生まれた子どもたち-「鬼の子」・"片子"・「片側人間」の世界
  • 神から授かった子どもたち-「申し子」・「宝子」・「福子」の世界
  • 「異常児」は異界を覗く「覗き眼鏡」-「お伽草子」と異類婚姻児)
  • 参 視覚化された異界・妖怪たち(化け物屋敷考-『土蜘蛛草子絵巻』を解読する
  • 捨てられた「古道具」のお化けたち-「もったいないお化け」と「つくも神」
  • 「鯰絵」は江戸民衆の記憶装置-社会状況を反映した両義的トリックスター ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異界を覗く
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ イカイ オ ノゾク
書名別名 Ikai o nozoku
出版元 洋泉社
刊行年月 1998.5
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4896913140
NCID BA35579364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想