沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究

大橋英寿 著

"野のカウンセラー"ユタの歴史と実態を、20年間にわたり徹底的に調査しまとめあげた、揮身のライフワーク。心理学を超えて人類学、民俗学、宗教学、社会学、精神医学の分野でも役立つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沖縄シャーマニズムへの社会心理学的アプローチ
  • 第2章 沖縄史におけるユタ
  • 第3章 地域社会におけるユタとクライエント
  • 第4章 ユタの成巫過程
  • 第5章 ユタのパーソナリティ・世界観・変性意識
  • 第6章 主婦の社会化過程とシャーマニズム
  • 第7章 精神医療の浸透と土着シャーマニズムの抵抗
  • 第8章 ヘルス・ケア・システムをめぐる病者と家族の対処行動
  • 第9章 非行への対処行動とシャーマニズム
  • 第10章 ブラジルにおける沖縄シャーマニズムの展開
  • 第11章 総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究
著作者等 大橋 英寿
書名ヨミ オキナワ シャーマニズム ノ シャカイ シンリガクテキ ケンキュウ
出版元 弘文堂
刊行年月 1998.4
ページ数 711p
大きさ 22cm
ISBN 433565099X
NCID BA35597209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想