真昼の暗黒

アルチュール・ケストラー 著 ; 庄野満雄 訳

[目次]

  • 目次
  • 著者のことば / 3
  • この小説について / 4
  • 第一部 第一回予審
  • (一) 望楼に、銃を吊した兵士 / 11
  • (二) 逮捕の夢見て逮捕さる / 12
  • (三) 残酷な態度…もって生れたもの / 14
  • (四) わしを何者だと思っている? / 16
  • (五) 独房には既に名前も付いていた / 18
  • (六) おれは銃殺されるのだな / 18
  • (七) 歯痛で断食させられる / 24
  • (八) 革命家は他人の心を通して考えるべきでない / 27
  • (九) 休暇中の死者 / 34
  • (一〇) 蒸気風呂拷問 / 49
  • (一一) 煙草の方が食物より貴い / 52
  • (一二) 欠点だらけの聖者 / 56
  • (一三) 刑務所の医者 / 70
  • (一四) 大衆には裁判と法的大義名分が必要 / 72
  • 第二部 第二回予審
  • (一) 監禁五日目のN・Sルバショフの日記の抜萃 / 91
  • (二) 僕は皮肉屋…君は道徳家 / 94
  • (三) 頭脳の勝手な回転どき / 99
  • (四) 人民啓蒙大臣…絞首刑から無期へ / 111
  • (五) 規則違反は四週間の重禁錮 / 117
  • (六) 死刑は地下室で真夜中に行われる / 121
  • (七) 邪魔をしないで五分間喋らせろ / 130
  • 第三部 第三回予審
  • (一) 監禁二十日目のN・S・ルバショフの日記の抜萃 / 151
  • (二) メイヨ トハ タイメン ナリ / 154
  • (三) 獄房の空想 / 157
  • (四) 打診 / 187
  • (五) N・S・ルバショフの日記の断片 / 201
  • (六) 「休憩」と「眠り」 / 202
  • 第四部 文法的仮定…ルバショフを祖国の裏切者へ
  • (一) 汚れた顔の天使 / 215
  • (二) 神秘家の法悦、聖者の瞑想の感 / 222
  • (三) 四〇二号室で天文学を勉強す / 230
  • あとがき / 235

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 真昼の暗黒
著作者等 Koestler, Arthur
庄野 満雄
アルチュール・ケストラー
書名ヨミ マヒル ノ アンコク
シリーズ名 海外名著全集 ; 第5巻
出版元 鳳映社
刊行年月 1958
ページ数 236p
大きさ 18cm
NCID BA48747450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58003349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想