シックスシグマ : 品質立国ニッポン復活の経営手法

青木保彦, 三田昌弘, 安藤紫 著

今世紀最後の経営手法「シックスシグマ」。「製品を100万個つくったときの不良率を3.4個にする」という、高レベルの目標設定を行った上で推進する全社的活動である。単に、製造、品質管理部門にとどまらずマーケティング、エンジニアリング、サービス、計画策定プロセスなど、経営活動全般を対象にしている。そのコンセプトをGE、モトローラ、IBMなどの導入先進企業の事例とともに紹介。日本企業がシックスシグマ導入にあたり注意すべき点を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シックスシグマとは何か
  • 第2章 これまでの経営・品質管理手法とどこが違うか
  • 第3章 導入先進企業に見るシックスシグマ
  • 第4章 日本企業がシックスシグマを導入するとき
  • 第5章 シックスシグマ手法理解のための統計用語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シックスシグマ : 品質立国ニッポン復活の経営手法
著作者等 三田 昌弘
安藤 紫
青木 保彦
書名ヨミ シックス シグマ : ヒンシツ リッコク ニッポン フッカツ ノ ケイエイ シュホウ
書名別名 Shikkusu shiguma
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1998.4
ページ数 220p
大きさ 22cm
ISBN 4478372365
NCID BA35730455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想