日本型システムの終焉 : 自分自身を生きるために

上田紀行 著

日本を震撼させた金融破綻、少年犯罪、薬害エイズ、沖縄問題、宗教事件に通底するものは何か。閉塞するシステム社会の悪循環の構造を解明し、個人の価値を創出する生き方を提唱する、感動とユーモア溢れる論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 洗脳教育からの脱出(透明な存在の異常と日常
  • 学校というシステム
  • 二つの世界のはざまで)
  • 2 現代日本のフィールドワーク(現代日本のフィールドワーク
  • こころの産業)
  • 3 平成の坊っちゃん(平成の坊っちゃん-愛媛日記'94〜'96
  • エヒメというシステム)
  • 4 日本型システムを超えて(「癒しブーム」の虚と実
  • 日本型システムを超えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型システムの終焉 : 自分自身を生きるために
著作者等 上田 紀行
書名ヨミ ニホンガタ システム ノ シュウエン : ジブン ジシン オ イキル タメニ
書名別名 Nihongata shisutemu no shuen
出版元 法蔵館
刊行年月 1998.4
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4831872342
NCID BA35443464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想