野上弥生子短篇集

野上弥生子 著 ; 加賀乙彦 編

20世紀のほとんどを生きた、私たちと同時代の作家野上弥生子(1885‐1985)。『真知子』『迷路』『森』などの骨太な長篇小説でしられる野上弥生子は、また、克明な観察力と鍛えぬかれた描写力による確かな人間造形が際立つ、練達の短篇作家である。「或る女の話」「哀しき少年」「明月」「狐」など、秀作7篇を編年順に収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野上弥生子短篇集
著作者等 加賀 乙彦
野上 弥生子
書名ヨミ ノガミ ヤエコ タンペンシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.4
ページ数 335p
大きさ 15cm
ISBN 4003104900
NCID BA35413689
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
哀しき少年 野上彌生子, 野上 弥生子
山姥 野上彌生子, 野上 弥生子
或る女の話 野上 弥生子
明月 野上 弥生子, 野上彌生子
野上 弥生子
野上彌生子, 野上 弥生子
茶料理 野上彌生子, 野上 弥生子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想