女囚という奴隷 : 暴行恐怖の十一年

エリノア・リッパー 著 ; 渡辺ユリコ 訳

[目次]

  • 女囚という奴隷=暴行・恐怖の十一年=
  • 目次
  • 一 発端
  • 眼りに落ちた時刻 / 10
  • 一糸まとわぬ身体検査 / 12
  • 原因不明の逮捕 / 17
  • 胆石でのたうち廻る女 / 20
  • 二 日暮の悲鳴絶叫
  • 母囚人の破裂しそうな乳房 / 28
  • 反革命罪は十年から死刑 / 33
  • 精神的・肉体的拷問 / 37
  • 家には二人の母なし子が / 41
  • 母親との絶縁 / 43
  • 死刑か?無罪か? / 48
  • 子供の結社が仇 / 58
  • 三 あわれな女の姿
  • 見做れた女囚という生きもの / 66
  • 恥毛を剃る男の床屋 / 70
  • 船中の暴行 / 74
  • 四 コリマ地方の実態
  • 女囚の作業はキャベツの栽培 / 82
  • 五 女収容所
  • 女囚の大半は姙婦 / 92
  • 子供の面会は月一度 / 94
  • エルゲン女囚管理収容所 / 97
  • 粉袋でブラジャーを! / 98
  • 六 尼僧、泥棒、投機師、愛人
  • 女囚仲間は信仰心を失わない / 106
  • 腐敗 / 109
  • コリマの恋 / 113
  • 七 収容所の中の収容所
  • 恐怖 / 118
  • カトルガ囚人 / 119
  • 閉禁室の苦しみ / 126
  • 八 奴隷生活
  • 金 / 138
  • 収容所の配給品 / 144
  • 囚人のメニュー / 145
  • パン / 146
  • 女囚としての一日 / 149
  • 誘いのあれこれ / 163
  • 嘆願で閉禁罰十日 / 167
  • 九 病気、自己傷害者、自殺
  • 収容所の医療施設 / 172
  • 患者 / 177
  • 自己傷害 / 184
  • 自殺 / 187
  • 九家族 / 189
  • 十 破廉恥囚の步み
  • 刑期終了後は「時間外囚人」 / 192
  • 釈放後にくるもの……前科者のレッテル / 194
  • 二十才前後の女囚はみな淫売女に! / 196
  • 十一 女体の苦難
  • 船中で男囚の暴行 / 206
  • 二十四時間に二回のトイレ / 208
  • 女囚生活中にたくさんの子供が生れた! / 213
  • 囚人列車の最後の旅 / 215
  • ナチ収容所……本国送還への道 / 218
  • 十一年間の奴隷生活からの解放 / 220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 女囚という奴隷 : 暴行恐怖の十一年
著作者等 Lipper, Elinor
渡辺 ユリ子
渡辺ユリコ
エリノア・リッパー
書名ヨミ ジョシュウ ト ユウ ドレイ : ボウコウ キョウフ ノ 11ネン
出版元 鳳映社
刊行年月 1958
ページ数 221p
大きさ 19cm
全国書誌番号
58008227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想