農業の継承と参入 : 日本と欧米の経験から

酒井惇一 ほか著

[目次]

  • 第1章 いまなぜ継承と参入を問題にするのか
  • 第2章 いま農業の後継ぎはどうなっているか-統計でみるその実態
  • 第3章 継承と参入問題生成の背景
  • 第4章 大規模経営の継承と参入-北海道農業の課題
  • 第5章 農業経営の継承と参入に関する政策の展開
  • 第6章 家族経営の継承を支える意識と制度-西欧諸国
  • 第7章 揺らぐ一世代農場の伝統と世代継承に向けた模索-アメリカ
  • 第8章 わが国の農業の継承と参入の方向-何を学び、何を改めるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農業の継承と参入 : 日本と欧米の経験から
著作者等 酒井 惇一
伊藤 房雄
斎藤 和佐
柳村 俊介
書名ヨミ ノウギョウ ノ ケイショウ ト サンニュウ : ニホン ト オウベイ ノ ケイケン カラ
シリーズ名 全集世界の食料世界の農村 5
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1998.3
ページ数 259, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4540971409
NCID BA35034647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想