知恵の樹

ウンベルト・マトゥラーナ, フランシスコ・バレーラ 著 ; 管啓次郎 訳

エネルギーや物質を環境から受け入れはするものの外部システムの作動には関知せず、自己は自身をもとに自らを創出する-本書は、システムが自分自身の組織を形成し変化させていく閉じた環のなかにとどまり、その循環をよき環としてとらえなおそうという、まったく新しい生物学の原理"オートポイエーシス理論"の初歩的で原理的な入門書。生物のあいだの円環を意識しながら、生命の世界に対するしなやかな感性と、生物を制御対象ではなく自律主体として見る柔軟な視線でとらえるこの認識論は、1973年、チリのアジェンデ政権下における知的沸騰のなかで生まれ、社会や法律、現代思想に大きな影響を与えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "いかにして知るのか"を知る
  • 第2章 "生きていること"の組織
  • 第3章 歴史-生殖と遺伝
  • 第4章 メタ細胞体の生活
  • 第5章 生物のナチュラル・ドリフト
  • 第6章 "行動域"
  • 第7章 神経システムと認識
  • 第8章 "社会"現象
  • 第9章 "言語域"と人間の意識
  • 第10章 知恵の樹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知恵の樹
著作者等 Maturana, Humberto R
Varela, Francisco J
Varela, Francisco J.
管 啓次郎
Maturana R. Humberto
Varela G. Francisco
バレーラ フランシスコ
マトゥラーナ ウンベルト
書名ヨミ チエ ノ キ
書名別名 El arbol del conocimiento

Chie no ki
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.12
ページ数 321p
大きさ 15cm
ISBN 4480083898
NCID BA34418483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98065714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想