人はなぜ恥ずかしがるのか : 羞恥と自己イメージの社会心理学

菅原健介 著

身近で、しかし不可解な「恥ずかしさ」の心理の中には人と人との関係を規定する法則がある。人間を社会的な存在にする「恥じらう心」を社会心理学から分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 羞恥とは何か
  • 2 羞恥を回避する
  • 3 羞恥に対処する
  • 4 羞恥の理論
  • 5 羞恥の表出行動
  • 6 羞恥の諸側面
  • 7 羞恥と人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜ恥ずかしがるのか : 羞恥と自己イメージの社会心理学
著作者等 菅原 健介
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ハズカシガルノカ : シュウチ ト ジコ イメージ ノ シャカイ シンリガク
書名別名 Hito wa naze hazukashigarunoka
シリーズ名 セレクション社会心理学 19
出版元 サイエンス社
刊行年月 1998.2
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4781908632
NCID BA34746802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98082349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想