暴力の文化人類学

田中雅一 編著

人類史の中の暴力を、文化としての「儀礼」に探る。戦争、食人、生け贄…人類の歴史はまさに暴力とともにあった。人類学は、この問題にどのように取り組むことができるのか。本書は暴力を、とくに「儀礼」を中心に学際的な展望を持って考察することにより、暴力論の新たな地平を切り拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 発現-儀礼という回路(平等主義社会における暴力
  • 戦士的伝統、年齢組織と暴力 ほか)
  • 第2部 変貌-国家という文脈(民衆文化と抵抗としてのブリコラージュ
  • 若者の"力"と近代日本 ほか)
  • 第3部 省察-暴力という鏡(儀礼的殺害としての供犠の位置
  • 女による暴力と女への暴力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暴力の文化人類学
著作者等 三浦 耕吉郎
京都大学人文科学研究所
今村 仁司
大塚 和夫
大越 愛子
富永 茂樹
小田 亮
川村 邦光
春日 直樹
松村 一男
松田 素二
栗本 英世
田中 雅一
田辺 繁治
菅原 和孝
谷 泰
書名ヨミ ボウリョク ノ ブンカ ジンルイガク
シリーズ名 京都大学人文科学研究所共同研究報告
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 1998.2
ページ数 476p
大きさ 23cm
ISBN 4876980527
NCID BA34761023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98082060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想