すべて過ぎ去りしこと…

マネス・シュペルバー 著 ; 鈴木隆雄, 藤井忠 訳

二十世紀ユダヤ知識人の悲痛な自画像。反ファシズム運動、戦争、亡命と放浪、不可能となった帰郷、パリ再発見-。東欧のユダヤ人町のラビの家に生まれ、亡命の地パリで没したユダヤ系オーストリア人の小説家・心理学者の自伝三部作。絶え間なき苦難と喪失の生にあって、ただひとつ信じるに至った「よき記憶力という宗教」の力が描き出す、もうひとつのヨーロッパ現代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻 神の水汲み人
  • 第2巻 むなしき警告
  • 第3巻 目のうえに器のかけらが置かれるまで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すべて過ぎ去りしこと…
著作者等 Sperber, Manès
藤井 忠
鈴木 隆雄
Sperber Man`es
シュペルバー マネス
書名ヨミ スベテ スギサリシ コト
書名別名 All das Vergangene..
出版元 水声社
刊行年月 1998.2
ページ数 821p
大きさ 22cm
ISBN 4891763388
NCID BA34874959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98081940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想