天上の鳥アマツバメ : オックスフォード大学博物館の塔にて

デイヴィッド・ラック 著 ; 丸武志 訳

生活のすべてを空中で行なうアマツバメ。毎日1万2000キロを往復する、その生態は謎に満ちている。本書は、すべての動物の適応と進化にまで考察を進めた「スピーシーズ・モノグラフ」の珠玉の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オックスフォード大学博物館の塔
  • 巣箱へすみつき、わが家のために戦う
  • 求愛-つがいのあいだの行動
  • アマツバメたちの巣
  • 産卵と抱卵
  • 裸のヒナ
  • 羽毛の生えたヒナ
  • 食物とその採り方
  • 飛翔
  • 夜のアマツバメ-さまざまなねぐら
  • 冬の眠り〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天上の鳥アマツバメ : オックスフォード大学博物館の塔にて
著作者等 Lack, David Lambert
丸 武志
Lack David
ラック デイヴィッド
書名ヨミ テンジョウ ノ トリ アマツバメ : オックスフォード ダイガク ハクブツカン ノ トウ ニテ
書名別名 Swifts in a tower
出版元 平河出版社
刊行年月 1997.8
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4892032883
NCID BA32107234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想