資本主義と女性労働

中川スミ 著 ; 青柳和身, 森岡孝二 編

フェミニストによる経済学批判と切り結んで、経済学とジェンダー、女性雇用、家事労働、労働力の再生産、性別賃金格差、「家族賃金」思想など、女性労働問題の核心を追究。66歳で急逝した『資本論』研究者の女性労働論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済学とジェンダー-家事労働・労働力の価値・「家族賃金」
  • 第1章 家事労働と資本主義的生産様式-私的・無償労働としての家事労働の性格づけをめぐって
  • 第2章 女性労働問題の「特殊性」をめぐって-大沢・竹中論争の意味するもの
  • 第3章 「家族賃金」イデオロギーの批判と「労働力の価値分割」論-家族単位から個人単位への労働力再生産機構の変化
  • 補論 大沢真理さんのコメントに答えて
  • 第4章 日本型企業社会における女性の労働と家族
  • 第5章 ジェンダー視点から見た賃金論の現在-マルクスはどう読まれてきたか
  • 第6章 女性の雇用労働者化と「家族賃金」思想-「労働力の価値および価値分割」論をどう理解すべきか
  • 第7章 賃金の理念をめぐって:労働総研報告書「均等待遇と賃金問題」が提起したもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義と女性労働
著作者等 中川 スミ
森岡 孝二
青柳 和身
書名ヨミ シホン シュギ ト ジョセイ ロウドウ
書名別名 Shihon shugi to josei rodo
出版元 桜井書店
刊行年月 2014.3
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-905261-17-9
NCID BB15441306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22401825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想